未分類

自分仕様に ”けがき” を加工します

けがき=印を付けたり線を引く棒状の道具

仕入れにでかけた糸屋さんの一角で見つけた
木の持ち手のけがき

持ち手の短さが程よかったので買ってみました

革にけがく時は あまりに丸っこ過ぎても
線が引きにくいのですが、こんなに鋭利でも
革に深く傷が付いてしまうので、
印も線も心地よく引けるほどに調節します

作業台に置いたヤスリ紙に 鋭利な先を当てて
左右に動かして少しずつ削っていきます
粗いヤスリだと早く削れるのですが
仕上げで滑らかにする作業に時間がかかるので
あまり粗い番手は使いません

仕上げに水研ぎヤスリをかけます
面倒なんですが、自分仕様に加工した道具は
毎度 心地がいいです
革のハンドメイド
CHOCK/チョック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です