未分類

イタリアンレザー:リバース革の長財布が仕上がりました

表と裏の 全く違う革

『何処をとっても均一で綺麗』

そんな革ではありませんが、吟面だけでなく 
床面もしっかりと加工が施されており その床面を
使ったお財布です

『革です』と言ってイメージ出来るものとは
少し違う、何とも言えない雰囲気を醸し出している
リバースレザー
”さずがはイタリア人” と感嘆してしまいます
キズやムラが多く それでいてオイルをたっぷりと含んだ、
上質で一癖も二癖もある面白い革です

そういう革です
本来でいうと キャメル色の部分が 吟面です
使っていくと かぶせも馴染んでパタンと落ち着きます
そういうこともあって
留めのホックを付ける事に もったいなさを感じてしまい、
結局つけませんでしたが、もちろんホックをお付けする事も
できます


通常通り、吟面を表にしてお作りもできます

お財布は 使う人、使い方によって本当に好みが様々です

CHOCKの革は どちらかというと厚めですが、
このお財布に限らず ご希望がありましたらご相談ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です