未分類

ハンドメイド ロウ引きの手縫い糸と糸の通し方

昨日書いた手縫いの糸
厚い革を使うときや仕上がりが厚くなる場合
強度を保たせる為に、
糸の表面にロウを入れる
【ロウ引き】と呼ばれる作業もあります
すでにロウ引きされている糸もあるんです

これはとても便利です
すぐ使えます
手作業でロウを引く場合と比べても
あまり大きく変わらなかったと思います
手縫い箇所が短かったり
ロウ引きがちょっと面倒な場合に
もってこいですな
針穴に通して
糸の真ん中らへんに針を刺して
さっきと同じようにまた真ん中らへんに刺して

こんな風になるので
針と長い方を引っ張って整えます

私はこうやっているけどあってるのかな??
正しいとか正解とかないと思います
できてればいいかと思います

整えるとちゃんとみえますっ

糸の太さも
太いの細いのあります
私が使っている革はわりと厚いので
また、手縫いを目立たせるべく
太い糸を選びました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください