未分類

革、仕入れにいってみました 革編



わかっていて、
むしろそこへ目指して革屋さんに行っているにも関わらず
びっくりするほどの革の量なのです

今回 私が探しにいったところは
牛革を専門としている革屋さんなのですが、
巷には それ以外にも
こんなにたくさんの種類があるのですよ

鹿=ディア
馬=コードバン
羊=ラム、シープ
ダチョウ=オーストリッチ
山羊=ゴート
爬虫類=パイソン、クロコダイル、トカゲ
エイ=スティングレイ
それそれの呼び方もいろいろありやす

さて

革屋さんで初めて こんなのもたくさんの量を見たときは
なんていうのでしょうか、

果たして選べるのだろうかと感じつつも
どんどん時間が経ってしまうくらい楽しかったですな

同じ牛革なのに 触った感じがまるで違ったり
同じ仕上げでも色が変わるだけで
とてもいい雰囲気の革に仕上がっていたり

それはそれは 本当に たくさんの中から探すのです

自分の頭の中で思っている革に会えるまで

一枚いちまい 革を広げて見せてくれる方にとっても大変な作業だと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください